痩せ薬は個人輸入

ダイエットサプリでは無く本気で痩せたい方は海外医薬品でダイエットをしましょう。

テーブルに置かれた色々な医薬品とコップ

診断をしながら個人輸入に頼ることが出来る

クリニックで診断をしながら個人輸入で薬を買って使用することは出来ます。もちろん、その薬は国内で認められた合法的なものであることが絶対条件です。
日本国内の医療の現場と言うのは、アメリカのような医療の先進国に比べればかなり遅れていると言っても過言ではありません。日本国内の薬の認可にはかなり厳格な基準が存在し、仮にその基準が通ったとしても薬の流通が許されるのは病院内のみで一般市場には全く流通しないということも珍しくありません。
厄介なのは、こうした病院だけで処方される薬の中には既に世界的に後発医薬品として登場しているものがいくつも存在するということです。個人輸入で注文をすれば一目瞭然ですが、日本国内で診断を受けて薬を処方してもらうよりも、個人輸入で個人目的で薬を貰った方が遥かに価格が安いことがあります。後発医薬品として登場している薬は一般市場に流通させるために大量に生産しているので、供給量が満たされています。このような状況になっていないのは日本だけなので、日本国内では病院で受け取る薬の方が割高になってしまうという矛盾が生じています。
実際に、診断をしながら病院で薬を貰うときには国民保険が適用されません。後発医薬品として日本国内に流通していない医薬品に関しては、自由診療という形で全ての金銭を自己負担しなくてはいけないので余計なお金を支払わなくてはいけないのです。そのため、特に目で見て判断できる症状に関しては病院で高い医療費を支払いながら処方してもらうよりも、個人輸入で買ったほうが遥かに割安になります。
個人輸入で薬を個人目的で買うときには、その薬が安全性の高いものなのかをしっかりと吟味しなくてはいけません。