春雨には味がほとんどないですが、他の素材の旨みを大量に吸収して美味しくなる性質があります。個人輸入して取り寄せて、多彩な工夫をして食べられる利点も持っています。肉との相性は特に素晴らしいもので、中華料理の炒め料理でも多用されます。

炒め料理をする場合には、どうしても煮汁が出てきてしまいます。中華料理では煮汁に水溶き片栗粉を混ぜてとろみを付ける場合がありますが、水で戻した春雨を加えて吸わせる方法も一般的です。水分が多い白菜を肉と一緒に調理した場合にも春雨を最後に加えれば、素材の旨みを無駄にすることがありません。

個人輸入もできる春雨は、栄養的にも優れた食品です。カロリーは肉ほどは高くありませんから、中華料理の脂肪分を減らすためにも使えます。麺のような食感があるために、主食の代用としても使えます。ラーメンのように調理しても美味で、独特な食感も特徴です。緑豆春雨は煮崩れしにくいのも特徴ですから、鍋料理でも重宝します。

個人輸入もできる春雨は日本でもお馴染みな食材となり、和食にも使えることで評判です。肉じゃがの仕上げとして最後に入れると、煮汁を全て吸って美味しくなります。コンニャクのしらたきを加える場合が普通ですが、新たな方法としても使えます。細いために味がすぐに染みこんで、独特な光沢があるために食欲をそそる要素もあります。

春雨は野菜の酢の物や和え物に一緒に加えても美味で、栄養を豊富にするためにも有効です。中華料理の場合にはチンゲンサイと一緒にすると相性が特に素晴らしく、一緒に入れた肉の旨みと見事に調和します。春雨に合う肉の種類は豊富ですから、鶏肉の料理で使うこともあります。牛肉を使って韓国風の味付けにしても美味しいものですから、多彩な国の料理で活躍します。